メニュー

やってはいけない事

無洗顔

脂漏性皮膚炎を発症する方は、皮脂の分泌が多い方が多いです。脂漏性皮膚炎を改善するにはまず、マラセチア繁殖の原因となっている皮脂を抑える事が重要なので、朝晩刺激の少ない洗顔料で皮脂を洗い流す事が大事です。

無洗顔法で肌の自己再生力を復活させるという方法は、脂漏性皮膚炎の方にはおすすめしません。どんどん皮脂がたまって悪化していく一方です。

ちなみに、私は1日1回の洗顔も試してみましたがやはり1日2回の方が脂漏性皮膚炎には効果がありました。

 

オイル入りの化粧品の使用

最近、様々な化粧品会社からフェイスオイルなどが発売されていますが、脂漏性皮膚炎にとってもオイルは天敵です。自分の皮膚から分泌した皮脂ならまだしも、外からマラセチアの餌となるオイルを追加する事は悪化の原因となります。また、オイルクレンジングは肌に大きなダメージを与えます。できるだけ水のクレンジング(肌に一番刺激が少ない)または、クレンジングミルクの使用をおすすめします。

※ワセリンとホホバオイルはお肌に使用しても問題ありません。ホホバオイルの成分はもともとお肌に備わっている油分なので、どうしてもオイルを使用したい場合はホホバオイルの使用をお勧めします。

顔にオイルを使用する場合は、ホホバオイルの使用をおすすめします。詳しくはスキンケアページにて。

 

髪の毛が濡れたまま寝る


脂漏性皮膚炎の原因菌となるマラセチア菌は、湿気を好んで湿気の高い場所では繁殖していきます。加湿器などもそうですが、部屋の湿度をあげすぎたり髪が湿気っているまま寝てしまうとマラセチアの繁殖につながるので必ずシャワーの後は髪の毛を乾かしてください。私は、治りかけたときにドライヤーをかけるのを面倒くさがり何回も再発・悪化してきました...笑 今では絶対に髪の毛は乾かすようにしています。