メニュー

脂漏性皮膚炎とメイク

ベースメイク

脂漏性皮膚炎を発症している女性にとってベースメイクはの化粧品選びは本当に大変ですよね。何もつけないことが一番いいのですが、お仕事の関係でそんなわけにはいかない人もたくさんいるとおもいます。< /p>

私も、どのファンデーションを使っても吹き出物がでてきたり、化粧ノリが悪かったりと化粧品選びには相当な費用を費やしてきました。脂漏性皮膚炎が治るなら、いくらでも払うという覚悟で...。そして、 私がいろいろなファンデーションのサンプルを使用したどり着いた結果は『オイルフリーは絶対』という事です。オイルフリーの化粧品は、わざわざパッケージの裏側を自分で確認しないとなかなかわからないのですが、 私は購入前に全てネットで調べています。

 

トラブル肌専用CCクリーム【おすすめ】

スキンケアのページでも紹介しましたが、私はリプロスキンが一番お肌に合っていました。リプロスキンの製品はトラブル肌のためにつくられてるものが多いので、リプロスキンのラインは気に入って使っています。トラブル肌用CCクリーム【リプロスキン CCクリーム】は十分にカバー力もあるし、やっぱりトラブル肌専用に作られてるメイクとかは少ないから、本当にありがたい。。。

スキンケア②のページで、化粧品の成分のジメチコンは脂漏性皮膚炎を悪化させてしまうという事を記載したのですがジメチコンという成分はほとんどの化粧品に含まれています。 とても保湿効果が高いのでファンデーションや保湿クリームなどに含まれていますが、このジメチコンはマラセチア菌を繁殖させてしまいます。そして、ジメチコンを含まない化粧品などを調べていたら、Reproskin(リプロスキン)というトラブル肌にも優しい化粧水を発見。同じラインのCCクリームが出ている事を知り、現在はこのCCクリームを使用していますが、 なんの問題もなく使用できています。

脂漏性皮膚炎の赤みをしっかりカバーしてくれる上に、炎症が悪化する事もいまのところありません。乾燥も感じなく、しっかり保湿してくれます。私は、シミも多いのですがコンシーラーなしでも十分なカバー力で 、これ一本だけで朝のメイクが楽チン。ネットでしか購入できないのでサンプルを使用する事ができなくて購入を迷いましたが、お肌に合わない場合は全額返金が可能なので試してみる価値はあると思います。 脂漏性皮膚炎のお肌は毛穴が開きがちですが、毛穴もしっかりとカバーしてくれるのに成分が毛穴につまらないので、ファンデーションを塗って肌が悪化するという悩みがなくなって本当におすすめです!

詳細はこちらから

 

スポンサー

 

無添加化粧品ブランドリスト

 

©脂漏性皮膚炎ほぼ完治までのすべて
最新更新日: 2017年11月